2009年10月|山吉國澤百馬商店ブログ

 

2009年10月

不景気ですねぇ 山吉國澤百馬商店 ブログ担当勝男です。

3人の子供(怪獣?)のいる我が家でも、不景気風が吹きまくってます。

そんな中ご紹介するのは「山川地熱発電所」

tinetu.jpg














入館料 無料 最高です。


開館時間 9時から17時

休館日 年末年始(12月29日~1月3日)

館内施設

体験型アトラクション  人間発電 スピンターンなど楽しいアトラクション満載。

ヴァーチカルジオシアター  地熱発電の仕組みが分かる楽しいアニメ

屋外地熱施設案内  コンパニオン?が地熱施設を案内してくれます


ちびっこには九州電力のキャラクター(?)の貯金箱をプレゼント

ボールペンも貰えちゃいます。

半日過ごせて無料なんでおススメです。



旅の思い出に、弊社かつお節、生利節、だしをどうぞ。

山吉國澤百馬商店HP







訃報

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんばんは 山吉國澤百馬商店 ブログ担当の勝男です。

今日は悲しい出来事があったので、そのことについて書きたいと思います。

私の家族は妻と三人の子どもと一匹のハムスター(まるこ)がいます。いや、いました。

私の大切な家族の一員である、まるこが昨晩天国に旅立ちました。



まるこは今年の夏休みから我が家の家族になりました。

メスのジャンガリアンハムスターオメメぱちくりしていて、ほっぺまるまるしていたの

で、長女(小1)が『まるこ』と名づけました。

『まるこ』は人見知りが激しく、飼い始めた頃はえさをあげる時しか顔を出しませんでした。

しかし、長女が母親代わりになり一生懸命ケージの掃除、えさやり、水替えと面倒みるにつれ

次第に馴れ、子どもたちの声が聞こえるとケージの中から顔をのぞかせるまでになっていました。

夜行性の為、夜どうし「がちゃがちゃ」 ケージの中を元気一杯走り回る毎日でした。

しかし、土日嫁の実家(鹿児島県北部)に帰省した際に、低体温症にかかってしまいました。

寒さでぶるぶる震え、苦しそうにしている様に家族全員、でした。

『まるこ』も苦しくて、その体に似合わぬ大きな目から涙を流していました。

長女が震えるまるこを一生懸命さすっていると静かに眠るように逝ってしまいました。




今朝起きてきた長女はケージの中の動かなくなった『まるこ』を見るなり、また泣き始めてしまい、

心優しい長男(小3)ももらい泣き、それを見た嫁もまた涙でした。

長女が『まるこ』の母親代わりだっただけに、胸が痛い朝でした、、、



「どうぶつのおいしゃさんになるっ」

 泣き止んだ長女は、そういいながらランドセルを背負って学校へと向かいました。
















こんにちは 山吉國澤百馬商店 ブログ担当 勝男です。

iokaidou_img02_500x280.jpg













今回は私の住んでいる鹿児島県指宿市山川の特産市場「活お海道」を紹介いたします。

場所は指宿市山川。山川⇔根占フェリー乗り場近くです。国道226号線をまぁーすぐ行くとあります。

開館時間は午前7時から午後6時まで、定休日は毎月第3水曜日と1月1日、2日です。

朝市直売ゾーン、特産品販売ゾーン、市場食堂「鶴の港」の3つのゾーンに分かれています。

朝市直売ゾーンは出店者とやり取りを楽しみながらお買い物ができる対面販売ゾーン。

特産品販売ゾーンは地元の水産加工品、農産物、工芸品が格安でお求めいただけます。弊社商品

も多数取り揃えております。


市場食堂「鶴の港」は地元食材にこだわった新鮮、安心、安全なお料理が召し上がれます。

この市場食堂「鶴の港」の私のおすすめメニューはずばり「うどん

そんじょそこらの
うどんはちょっと違います。

たっぷりの鰹節でとった濃厚なかつおだし、しこしこうどんにさつま揚げ
仕上げにたっぷりの

鰹節
をお好みでトッピング。
なんとも贅沢な一杯です。このトッピングの鰹節、弊社の花かつおなん

ですねぇ... うまいはず^_^

近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。


山吉國澤百馬商店 ホームページ















おはようございます。 山吉國澤百馬商店 ブログ担当 勝男です。
本日は台風一過の秋晴れという言葉がぴったりないいお天気です。
今日から三連休の方も多いと思いますが、私の担当する いぶすき山川港特産市場「活お海道」も
多くの人で賑わうことと思います。弊社商品をお求めやすい価格で取り揃えてありますので、いぶすきにお越しの際はぜひぜひお立ち寄りください。


――――――――――山吉國澤百馬商店の歴史―――――――――――――――

昭和22年4月  高知県土佐市宇佐町に鰹節工場を建設
          
昭和26年7月  鹿児島県指宿市山川入船に鰹節工場を建設
          ※弊社 創業者 故國澤百馬は「薩摩鰹節製造の祖」と呼ばれ、
           山川、枕崎の鰹節製造の礎を築いた人物である。
昭和47年8月  鹿児島県指宿市成川にパック工場を建設。
          ※まだ多くの家庭に鰹節削り機があった頃からかつおパックの利便性に着目し、
          工場を建設。
昭和60年5月  鹿児島県指宿市新栄町に本社鰹節工場を建設移転
          ※国の近代化支援により、この頃多くの鰹節工場が加工団地に移転
平成3年6月   鹿児島県指宿市大山にパック工場を建設移転
平成15年9月  全国鰹節類品評会にて農林水産大臣賞を受賞
平成20年9月  全国鰹節類品評会において水産庁長官賞を最多の3部門で受賞


山吉國澤百馬商店ホームページ
hyakuma.co.jp

初めまして?山吉國澤百馬商店 ブログ担当 勝男です。
鰹節って何? 本枯節って? 近海一本釣って?イノシン酸って?などなど
鰹節に関する素朴な疑問から、専門的なお話までわかりやすく紹介していこうと思っています。

            ―――次回―――
          山吉國澤百馬商店の歴史